結婚写真が一生の想い出に〜前撮りで余裕をもつ〜

必要性

事前に婚礼写真を撮る

結婚式は挙げなかったけど写真だけはとっておきたいという人も利用するフォトウエディングというサービスがあります。 挙式当日はあわただしいから写真だけを前撮りする、挙式当日に着ない衣装を写真だけ残したいという理由でフォトウエディングを利用するカップルもいます。 式は洋装しか着ないから、写真だけだけでも和装を残したいというカップルの利用もあります。 前撮りの撮影場所は和装でも洋装でもスタジオで撮影する場合と、ロケーションのいい屋外で撮影する場合があります。 スタジオですたら天候に左右されませんが、屋外の場合は天候によっては思い通りに撮影できない場合があります。 また、撮影をお願いする業者も、挙式する式場と提携している業者にお願いする場合と、独自にお願いする場合がありますが、それぞれの良し悪しや業者さんの撮影へのこだわりの違いなどがあるので、よく検討して業者選びをすべきです。

和装婚礼写真の前撮り

和装といっても一昔前と違って、いろいろな選択肢があります。 むかしは、文金高島田のかつらをかぶるのが定番でしたが、最近では自分の髪をアレンジする方法を利用する場合もあります。 また、着物も白無垢、色打掛、振袖などさまざまなものが用意されています。 文金高島田と白無垢の組み合わせの場合は、角隠しや綿帽子などの被り物をします。 自分の髪をアレンジして着る場合は、華やかな色打掛や振袖を着る場合が多いようです。前撮りでは自分の好みに応じてさまざまな選択ができます。 和装を着用する場合の注意点としては、肌襦袢や裾除けなど直接肌にふれるものは自分で用意しなければならないことが挙げられます。挙式で着用するときだけではなく前撮りでも必要です。 業者によってはその他自分で用意しなければならないものがありますので、このあたりについてはよく話をきていおいたほうがいいです。

↑ PAGE TOP